ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

solaris:solaris10_05

Solaris 10 設定 svm ホットスペア編

準備

  • RAID 5のボリュームが作成されている事
  • ソフトパーティションの設定が完了している事
  • VMにRAID 5を構成しているディスクと同容量の1.5Gbyteディスクを作成

障害

ソフトウェアパーティションの作業後、下記手順で作業を続けたところ、RAID 5のボリュームd8を認識しなくなった。

手順

  1. VMシャットダウン
  2. HDDを追加
  3. VM起動

出力されたエラー

May  3 19:10:42 sun01 metadevadm: [ID 209699 daemon.error] Invalid device relocation information detected in Solaris Volume Manager
May  3 19:10:42 sun01 metadevadm: [ID 912841 daemon.error] Please check the status of the following disk(s):
May  3 19:10:42 sun01 metadevadm: [ID 702911 daemon.error]      c2t0d0
May  3 19:10:42 sun01 metadevadm: [ID 702911 daemon.error]      c2t1d0
(RAID 5を構成するディスクが表示される)
May  3 19:10:42 sun01 metadevadm: [ID 702911 daemon.error]      c3t3d0
May  3 19:10:42 sun01 metadevadm: [ID 702911 daemon.error]      c3t4d0
May  3 19:10:43 sun01 genunix: [ID 454863 kern.info] dump on /dev/dsk/c0d0s4 size 1027 MB
May  3 19:10:44 sun01 md_raid: [ID 213556 kern.warning] WARNING: md: d8 failed to open. open error on /dev/dsk/c3t4d0s2

現象

  • /export/zone, /export/flashをマウントしてない。

metastatの結果は下記の通り

 d8: RAID
    State: Unavailable  
    Invoke: metastat -i 
    Interlace: 32 blocks
    Size: 59371520 blocks (28 GB)

対応

  • シャットダウンし、追加したHDDを削除
  • VMを起動。d8のStateが依然としてUnvailableであることを確認。
  • d8を構成するディスクに対してmetadevadmを実行
 # metadevadm -u c2t0d0
 Updating Solaris Volume Manager device relocation information for c2t0d0
 Old device reloc information:
         id1,sd@f1905a80749fd3f31000215c50005
 New device reloc information:
         id1,sd@f1905a80749fd68fc000b2e590000
 (同様にd8を構成する他のディスクにも実施)
  • リブートし、/export/zone, /export/flashが正常にマウントされる事を確認。
  • 再度シャットダウン
  • HDD追加
  • VM起動後、/export/zone, /export/flashが正常にマウントされる事を確認。

原因

不明。HDD追加前の儀式が足りなかった?

作成手順

ホットスペア用ディスクの確認

format

       23. c3t5d0 <DEFAULT cyl 765 alt 2 hd 128 sec 32>
           /pci@0,0/pci15ad,790@11/pci15ad,1976@2/sd@5,0
 Specify disk (enter its number): 23

fdisk

# fdisk -B /dev/rdsk/c3t5d0p0
#

ホットスペア集合名hsp0001)で作成する。ここでは、ホットスペア集合に1本だけディスクを登録している。

# metainit hsp000 c3t5d0s2
hsp000: Hotspare pool is setup
#

状態確認

# metastat hsp000
hsp000: 1 hot spare
        Device     Status      Length           Reloc
        c3t5d0s2   Available    3129344 blocks  Yes

Device Relocation Information:
Device   Reloc  Device ID
c3t5d0   Yes    id1,sd@f1905a80749fd9619000601da0000

RAID 5ボリュームであるd8に対応づける。

# metaparam -h hsp000 d8
#

ソフトパーティションにはホットスペア集合を対応付けする事は出来ない。

# metaparam -h hsp000 d82
metaparam: d82: invalid metadevice type md_sp

状態確認

# metastat d8
d8: RAID
    State: Okay
    Hot spare pool: hsp000
    Interlace: 32 blocks
    Size: 59371520 blocks (28 GB)
1)
ホットスペア集合名はhspnnn (nnn:000-999)で設定する。
metainit(1M)
hot_spare_pool is a number of the form hspnnn, where nnn is a number in the range 000-999.
solaris/solaris10_05.txt · 最終更新: 2011/10/18 09:44 by dummy@dummy